HOME > 治療機器紹介

治療機器

安全で効率的な電気(干渉波)療法として、主に肩こり、慢性腰痛、頚や膝の痛み、五十肩などの運動器疾患の治療に用いられています。
皮膚に直接導子(吸盤もしくは粘着性のパネル)を貼り付け、1回10分電気を流します。
まるでマッサージされているような感覚の気持ちのよい治療法です!
血液とリンパ液の効率的な流れを促進させ、空気圧を利用して下肢のマッサージを行う治療器です。
痛みやむくみからくる足の疲れや緊張をやわらげてくれます。
”ぎゅっ”と締め付けられた後に空気が抜けるときの快感が患者様に好評です!
ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら、「水」の流体特性を応用し、「手技療法」と同様の力強く・心地よい刺激をつくりだします。
筋肉の走行に従ってノズルが色々な方向に動き、痛みなどにより 緊張した全身の筋肉をほぐしてくれます。
「干渉波」がEMSとして筋肉を刺激し収縮運動を起こします。皮膚抵抗が低いためピリピリとした不快感がほとんどなく、より広い範囲・より深い部分に電流が到達するため、体の奥にある筋肉にも効果的に刺激を与えることができます。
使い捨ての滅菌済みはり治療用の鍼(はり)を使用します。金属であるステンレス製の鍼柄(鍼の柄にあたる部分)と樹脂であるポリエチレン製の鍼管(切皮時に使用する管)を未使用であることがわかるように溶着してあり、安全、安心、使用感に拘りました。
治療機器ではありませんが、院内にありますので、ご自由にお使いください。


治療風景




皮膚または衣服の上から手、指、手のひら、肘など、手部で筋肉、関節、骨格や姿勢の歪のバランス調整をすることを目的に行う治療です。
その効果は、軟部組織(筋、腱、靱帯、皮膚や皮下組織など)や神経の興奮性を高めたり鎮静させたりすることで、身体が今一番必要とする状態にコントロールし、痛みの根源を治療いたします。



鍼灸刺激は神経を刺激して血行を促進し、痛みや疲労の原因となる物質を老廃物として排出する作用を持っています。また、自律神経に効果的に作用し、胃腸や心臓・血管などに作用しその働きを調節します。

▲ページトップに戻る