美容鍼

当院では美容鍼を行っています。
美容鍼には以下の症状やお悩みに効果があります。

ほうれい線・たるみ(リフトアップ・目元パッチリ)・シワ・くすみ・クマ・ニキビ・むくみ・肌荒れ・二重あご・くすみ

鍼は血液循環が良くなり代謝が上がるためお肌に「はり」と「艶」ができます。
またコラーゲンの生成を促しシワを改善していきます。
身体の内と外から美しくなる「美容鍼」の効果を是非ご体感ください。

美容鍼のメリット(作用)

①筋肉の引き上げ
鍼を刺すことで硬くなった顔の筋肉がほぐれ、本来持っているリフトアップ力が高まります。
⇒たるみの改善
②血流の促進
鍼を刺すと体はそれを異物と判断して免疫反応が起こり、刺さった箇所に血液を集めようとします。すると血流が促進し、毛細血管中のヘモグロビンが増加して肌ツヤが良くなります。またメラニンや老廃物も排出されやすくなります。
⇒シミ、くすみの改善
③コラーゲンの生産
鍼で小さな刺し傷をつくることで、細胞や組織はその傷を修復しようと自らコラーゲンなどを生産するため、肌にハリと潤いをもたらします。
⇒シワの改善

※お肌全体のターンオーバーが促進されると共に、新しい細胞ができますので定期的に鍼をさせていただきますと、内側から肌質が変わってくるのが実感できます。

美容鍼のデメリット

美容鍼は、健康体で特定の持病がない人にとってはメリットの多い施術方法ですが、急な血流促進によって不調を招く利用者様がいるのも事実です。施術で気になる部分の血管や神経に刺激を加える形になるため、時として出血したり、炎症を起こしたりする場合があります。施術を受ける前に美容鍼のデメリットについて必ず理解しておくことをおすすめします。

鍼灸の施術全般にいえることですが、自己修復前の反応によって一時的に体調不良を訴えることがあります。

「好転反応」ともいわれ、発熱、だるさが起きます。

一時的なので心配することはありませんが、以下の病気を患っている方は注意が必要です。

美容鍼を控えるべき人の特徴
心臓に問題がある
(狭心症、心筋梗塞、弁膜症、不整脈、心不全、動悸など)
循環器に問題がある
(糖尿病、腎臓病、高血圧、大動脈瘤・静脈瘤、脳卒中など)
飲食物や特定の薬に強いアレルギー反応が出る
ガン、肝炎、膠原病を患っている
皮膚が炎症を起こしている
(化膿、発疹、かゆみ、かぶれ、痛みなど)
美容鍼の副作用は、内出血、歯痛、顔面痛

美容鍼の一番多い副作用は、内出血です。2番目は、歯痛、顔面痛です。これは顔の神経が興奮してしまい、一時的にヒリヒリしたり、打撲痛のような感覚があります。このような反応は、一日で収まりますので、ご安心ください。

美容鍼の副作用一覧は以下のとおりです。

歯痛・顔面痛・脱力感(身体が一時的にだるくなる)・強い眠気・肌(患部)のかゆみ・発熱・吐き気・腹痛、下痢
吹き出物、湿疹・出血、内出血・発汗、頭がぼうっとする

これらの副作用は、先ほどお話したとおり美容鍼治療によって血流が促進されることや、基礎代謝が上がることで生じる好転反応です。

施術前は、血行不良や基礎代謝の低下によって、体内の老廃物が沈着したままの状態。

それが、美容鍼治療を機に身体の不調が取り除かれるため、今まで患部に蓄積されていた老廃物が出口を見つけたように排出され始めるのです。

いわば、体内の毒素が皮膚などに表面化する、デトックス効果と同じです。

◆美容鍼を希望される方へ

  • 美容鍼の本数は、ご希望・経験回数・体質・体調により調整致します。初めての方も安心してご来院下さい
  • 当院では、鍼先が細く安全な顔専用ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しています。痛みもほとんど伴わないため、安心して施術を受けていただくことができます。
  • 素肌の状態の正確な把握と衛生上の理由から、女性の方はできるだけフェイスライン、おでこ、ほお。アゴのメイク(ファンデーション)を落として来院してください。ただし、口紅やアイシャドウなどのポイントメイクは大丈夫です。
  • 美容鍼はあくまで肌の「美容」を目的としたもので、皮膚疾患の治療ではありません。

施術状況

ビフォーアフター

施術モデルは安来出身ものまねタレントのみる香さんです!